女性

様々な治療を行なっている歯科を探そう│歯科選びの基準

治療を行なう前に

歯型

京都の歯医者で行なっているインプラント治療は、人工の歯を埋め込むという治療のことです。すぐに治療を開始するのではなく最初にカウンセリングを行ないます。京都の歯医者はカウンセリングを行なって、患者さんがどのような目的でこの治療を受けたいのか確認するのです。患者さんによっては他の治療のほうが最適な場合があるため、インプラント治療以外の治療も説明するでしょう。患者さんの悩みを聞くだけでなく、この治療についての詳しい説明を行ない治療にかかる費用についても話します。様々な説明を聞いた後に、レントゲン撮影やCTスキャンなどで口腔内とあごの骨のデータを集めるのです。人工の歯はあごに埋め込むので、あごの骨の量が少なければ埋め込むことはできません。埋め込むためにあごの骨を増やす治療を行ない、その後にまたCTスキャンで骨の状態を確認します。骨の量が十分ならばその後に患者さんに最適な治療計画を立案するでしょう。京都にある歯医者では、一人の医師だけでなくその歯医者に在籍している医師全員で計画を考えてくれます。多くの専門家の意見を取り入れて、全員で考えた治療ですから成功する確率は高いはずです。治療計画を立ててそこからインプラント治療を開始します。この治療は全ての施術を1日で行なう訳ではなく、最初は人工の歯根を埋め込んで仮の歯を被せるでしょう。埋め込んだ歯根が骨に定着するまで時間がかかるため、その間に患者さんに合った歯冠を作成します。歯冠が完成したらそれを被せてインプラント治療は終わりですが、終わっても京都の歯医者で定期的なメンテナンスが必要になります。